“5Gを使用することで大容量のアプリや高画質動画などがスムーズに楽しむことができますし、5Gスマホでのインターネット利用時にストレスが減ってどこでも好きなことを楽しめるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「X6 Pro」という5Gスマホがあり、フル充電で1日は余裕で使い続けられる大容量バッテリーや豊富なカメラ機能で思い出を鮮明に残せる高性能カメラ、負荷をかけても熱がこもりにくくてサクサク動作する高性能CPUやどの角度から見ても美しい高精細大型ディスプレイなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約49000円でRAM12GB/512GBモデルが約56000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約186gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはイエロー、グレー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2712 x 1220でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは67Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 8300-Ultra 3.35GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid(Xiaomi HyperOS)でディスプレイ下指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで日常生活内の軽い水没に耐えられる防水機能(IP54)やステレオスピーカー、Dolby Atmosやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

“スマホの画面を保護するアイテムといえば保護フィルムが一般的でしたが、近年注目されているのが「スマホコーティング剤」です。スマホコーティング剤とはいったいどのような商品なのでしょうか?今回はスマホコーティング剤のメリット・デメリットについてまとめてみましょう。
【スマホコーティング剤とは?】
スマホコーティング剤は、耐久性の向上はもちろん、撥水や抗菌作用も期待できるスマホ画面を保護するコーティング剤です。ディスプレイや背面ガラスに塗布して、ガラスを保護・強化します。ガラス面をガラスの皮膜で覆っている状態になるので、画面に傷がつきにくく、つや感がアップします。
スマホを衝撃や傷から守るのはもちろんですが、製品によって
・撥水効果
・ブルーライトカット効果
・防塵効果
・指紋防止
などの効果があります。
スマホコーティング剤を塗ったスマホ画面の表面はなめらかで操作性が向上します。また画面の透明度がアップして、視認性がよくなることも多いです。
スマホコーティングは、スマホはもちろんですが、タブレットやスマートウォッチ、時計、眼鏡など幅広いアイテムに使用できるのも魅力的。施工できる面は製品によって違いがあります。
【スマホコーディングのメリットとは?】
スマホコーティングのメリットについてまとめてみましょう。
<触り心地がなめらかで操作性がスムーズになる>
スマホコーティングを塗布することで、画面の表面につやが出て指どおりが滑らかになります。スワイプする際の操作性がスムーズになり、反応しやすくなるでしょう。
<デザイン性がよい>
スマホの保護フィルムと違い厚みがなく、色も透明なのでスマホのデザイン性が損なわれることはありません。保護フィルムを貼る時には気泡や埃が入って上手く貼ることができない…という人にとっては非常に魅力的です。
<保護フィルムに比べて強度が高く長持ち>
スマホコーティング剤は、スマホの保護フィルムと比べて強度が高く、長持ちします。
ガラスフィルムなどの保護フィルムでは時間と経過とともに、角が割れたり、剝がれたりします。一方、コーティング剤の場合は、塗布した後に時間が経過するほど硬くなっていくのが特徴です。なんと3年以上も保護効果が持続します。スマホを購入してから機種変更するまで継続して使用できるでしょう。
<傷が目立ちにくくなる>
すでについてしまっている画面の傷が目立たなくなります。
<汚れが付着しにくくなる>
スマホコーティング剤を塗布することで、指紋・皮脂・汚れなどが付着しにくくなります。埃や汚れが気になる人にぴったりです。
<画面が割れにくくなる>
スマホコーティング剤を塗布すると、液晶画面の強度が上がるため、万が一スマホを落としても画面が割れにくくなります。
<抗菌・抗ウイルス効果がある>
商品によっては抗菌・抗ウイルス効果があるスマホコーティング剤もあります。
【スマホコーティング剤のデメリットとは?】
次にスマホコーティング剤のデメリットについてまとめてみましょう。
<一度塗ると剥がせない>
スマホコーティング剤は一度塗ると剥がせません。上手く塗布できなかった場合でも、元の状態に戻すことは不可能なので注意しましょう。
<保証対象外になる場合あり>
スマホコーティング剤を使用したスマホに関しては、故障時に保証対象外となることがあります。
<売却時の買取価格が下がる>
スマホコーティング剤はさきほどお話した通り、一度塗布すると元に戻すことはできません。そのためスマホを売りたい時も、スマホコーティング剤が付いたままの状態で売りに出すことになります。スマホコーティング剤が嫌な人もいるので、売却時の買取価格が下がる可能性があるでしょう。
<コーティングが割れると画面も割れてしまう>
コーティングが割れてしまうと、スマホの画面も一緒に割れてしまうことがあります。
<保護フィルムよりも高額>
スマホコーティング剤は保護フフィルムやガラスフィルムと比べると値段が高めです。
<塗布してから使用できるまで時間を要する>
スマホコーティング剤は塗布してから使用できるまで時間がかかります。保護フィルムのように貼ったらすぐに使用できるというわけではないので注意しましょう。
<自分で塗布するとムラが出やすい>
自分でスマホコーティング剤を塗布するとムラが出やすく、綺麗に塗れないことがあります。できれば専門の業者に依頼した方が、仕上がりは良いでしょう。
【スマホコーティング剤がおすすめな人とは?】
スマホコーティング剤がおすすめな人は以下の通りです。
・フィルムの厚みが気になる方
・フィルムを貼ると時に気泡が入ってしまって上手く貼れない人
・スマホのデザインを気にする人
・スマホケースを使用したくない人
・スマホを清潔に使いたい人(スマホコーティング剤には抗菌・抗ウイルス効果があるため)
このような方はぜひスマホコーティング剤を検討しましょう。”

“スマホを新しく買い替えたい皆さんに、今回はスマートフォンの中でも『価格』と『機能』のバランスを備えたミドルレンジモデルをいくつかご紹介します。
機能性はもちろん価格にもこだわりたい、コスパ重視で選びたい方におすすめします。
本体価格は、およそ4〜8万円が相場なのであまりスマホ本体にお金を掛けたくない方にもピッタリです。
ただし、エントリーモデルよりは高性能なものが多く、その分保存に必要なストレージがアップしているため値段もそれなりに高くなっている点は、注意して検討してくださいね。
それでは、2023年秋冬モデルとしておすすめのミドルレンジモデルをみていきましょう。
■AQUOS Sense6
SIMフリーミドルレンジモデルのおすすめとして、AQUOS Sense6をご紹介します。
AQUOSシリーズは、大画面で見やすく操作しやすいボタンとデザインが魅力です。
中でもAQUOS Sense6は、10億色のIGZO OREDディスプレイを採用した美しい色彩と解像感のある描写が特徴です。
SIMフリースマートフォンにも色々種類がありますが、画面の綺麗さにこだわりたい方、高性能なディスプレイをお探しの方にぴったりです。
またカメラ機能を使って普段から撮影をする方にも嬉しい、本体背面にあるトリプルカメラでの撮影は写真や動画がより鮮明に美しく撮れるのでとてもおすすめです。
被写体の色を見たまま、そのままの色で表現してくれるので綺麗に撮りたい方、撮影を楽しみたい方は是非チェックしてください。
また撮った写真は、6GBのメモリーがあるので十分に保存可能です。
容量が不足して保存できない、といった心配もないので安心ですね。
その他、OSにはsnapdragon690を搭載、6.1インチの大画面ながら156gと超軽量ボディー、4570mAhの大容量バッテリー搭載です。
またおサイフケータイに対応しています。
そしめ、指紋センサーを長押しするだけで起動できる便利なキャッシュアプリ、Payトリガーも使えるので、普段からキャッシュレスでお支払いをしている方にとても支持されています。
本体はおよそ4万円、是非候補として考えてみてくださいね。
■GALAXY M23 5G
次におすすめしたいのが、GALAXYシリーズの中でも今話題の第五世代移動通信システム『5G』に対応した、GALAXY M23 5Gです。
これまで画像の読み取りや、高速ゲームでの動きにどうしても時間がかかっていましたが、5G対応になることで今までとは比べ物にならないくらい快適なダウンロード、共有ができるようになっています。
普段からスマホでゲームをされる方、動画視聴や映画を気軽に楽しみたい方におすすめです。
通信技術が向上し、今までにないモバイル体験ができる点は非常に魅力です。
また気になるOSですが、ミドルレンジモデルとしてはかなりスペックの高いクアルコム性snapDragon750を搭載しています。
画像の読み取りはもちろん、ファイルの共有などプライベートだけでなく仕事用としてもサクサク使えるスマホをお探しの方、必見です。
リフレッシュレートも最大120Hz搭載、フルHD +解像度を備えた新しいスマートフォンです。
これだけのスペックでありながら、本体価格約40,000円は嬉しいですね。
OSにこだわりがある方、サクサク動く機能性が高いものをお探しの方は是非、GALAXY M23 5Gを検討して下さいね。
■OPPO Reno9 A
そして、最後にOPPO Reno9 Aをご紹介します。
使いやすさや機能性はもちろん、見た目もおしゃれなSIMフリースマホがいいなと思っている方、必見です。
OPPO Reno9 Aは、本体背面にガラスパネルを採用した今までにない新しいデザインです。
こちらは、OPPO glow加工といって全体的にマットな質感になっており、まるで星空のような輝きを放つ美しいデザインが注目を集めています。
つい触れてみたくなる、そんな美しい仕上がりはデザイン性を重視して選びたい方におすすめです。
是非、店頭で手に取って試してみてください。
その他、8GBのメモリーと128GBの大容量ストレージは文句なし、6.4インチの大画面で楽しめる迫力のある映像も魅力です。
またプライベートと仕事用、などSIMカードを分けて使いたい方に便利なデュアルSIMに対応している点も非常におすすめです。
もし、プライベート用と分けてスマートフォンをお使いの方はこの機会に、スマホを一つにしてSIMカードだけ、分けて使ってみませんか。
一台で済むので煩わしい手続きも必要ありません。
またFMラジオ搭載、防水防塵機能も充実した一台となっており、本体価格もおよそ46,000円と破格です。
是非、検討してみてみましょう。
■まとめ
SIMフリースマホの中でも、価格と性能のバランスがとれたミドルレンジモデルをご紹介しました。
どれも高性能なSIMフリースマホでありながら、本体価格は5万円以下という驚きのスマートフォンです。
今お使いのスマートフォンが使いにくい、と感じている方は是非この機会に買い替えを検討してくださいね。”

“2023年9月に新登場したiPhone15シリーズの値段が気になっている人は多いでしょう。実は同じiPhone15シリーズでも購入するキャリアによって値段は異なります。ここではキャリア版のiPhone15シリーズの価格についてまとめてみましょう。
【キャリアで最も安いのは楽天モバイル、最も高いのはドコモ】
ドコモ、ソフトバンク、au、楽天モバイルの大手4キャリアの中で、iPhone15シリーズが最も安いのは楽天モバイルです。
楽天モバイルでのiPhone15シリーズの価格は以下の通りになっています。
・iPhone 15:14万800円~、
・iPhone 15 Plus:15万6800円~
・iPhone 15 Pro:17万9800円~
・iPhone 15 Pro Max:22万4800円~
一方、キャリアの中で最も高い価格になっているドコモでのiPhone15シリーズの価格は以下の通りです。
・iPhone 15:14万9490円
・iPhone 15 Plus:16万8740円~
・iPhone 15 Pro:19万2060円~
・iPhone 15 Pro Max:23万6940円~
ドコモと楽天モバイルでの価格の差は以下の通りです。
・iPhone 15:8,690円
・iPhone 15 Plus:11,940円
・iPhone 15 Pro:12,260円
・iPhone 15 Pro Max:12,140円
同じ機種なのに12000円も差があるのはかなり大きいですね。
【iPhoneはキャリアで買うべき?Appleストアで買うべき?】
iPhoneはキャリアのショップで購入する方法の他に、Appleストアで購入する方法もあります。Appleストアで買うのとキャリアで買うのと、どちらがよいのか迷っている…という人も多いでしょう。どちらで購入するのもメリットがありますが、何を優先するのかによります。ここではキャリアでiPhoneを購入した方がよい人と、Appleストアで購入した方がよい人をまとめてみましょう。
<分割払いしたい人はキャリア>
分割払いでiPhoneを購入したいのであればキャリアショップがおすすめです。キャリアショップでは購入費用を抑えられる仕組み、キャンペーンなどをたくさん用意しているので、一括購入ではなく分割払いで購入したい人に向いているでしょう。
端末購入プログラムを適用して、分割払いでiPhoneを購入すれば購入費用を抑えることができますよ。また割引キャンペーンを実施している店舗もあるので、お得に購入できるチャンスがあります。ちなみに端末購入プログラムで費用を抑えるには、指定された時期にiPhoneを返却することが条件となっています。
<買い方を自由に選びたい人はAppleストア>
Appleストアでは一括払いもOKですし、分割払いもできますし、好みに合わせて購入することができます。端末購入プログラムで一定時期にiPhoneを返却したくないという人は、Appleストアで一括払い購入するのが一番お得です。
またAppleストアではSIMフリーのiPhoneはもちろん、携帯各社の回線とセットで購入することも可能。アクセサリーのラインナップも豊富なので、好みに合わせて購入ができるためキャリアショップに比べると自由度が高いと言えるでしょう。”

“Androidを使っている方の中にはスマホのキーボードが使いにくいな…と感じている人も多いでしょう。実はAndroidスマホのキーボードはデフォルト設定のまま利用すると使いにくさを感じてしまうことがあります。そんな方におすすめなのがキーボートの設定変更です。キーボードは自分好みに設定を変更することで快適に使用できます。ここではAndroidスマホでキーボードの設定変更する方法をまとめてみましょう。
【Androidスマホの基本的なキーボード設定変更とは?】
Androidのスマホでは、一般的にキーが12個並んだ「12キー(テンキー)」とパソコンと同じ配列の「QWERTY(クワーティー)キーボード」のどちらのレイアウトに設定できます。日本語・英字をどちらとも12キーに設定することはもちろん、日本語を入力する時には12キー、英字を入力する時にはQWERTYにする、2つのレイアウトを切り替えて利用することも可能です。
【文字入力がラクチン!オススメのキーボード設定とは?】
文字入力を快適にするためのキーボードの設定をまとめてみましょう。
<キーボードアプリを変更・シーンに合わせて使い分ける>
Androidのキーボードは初期設定ではGoogleのGboardの場合が多いです。またGalaxyではGalaxyキーボードのようなメーカー製キーボードが設定されていることもあります。もしも初期設定されているキーボードが使いにくいと感じた場合には、他のアプリに変更するのがおすすめです。
またキーボードアプリを切り替えるには、文字入力画面の右下にある[キーボードアイコン]をタップしましょう。使いたいキーボードを選択すれば、即座にキーボードが切り替わるので難しい操作は一切なし。日本語入力、英字入力、顔文字・特殊文字入力などシーンに合わせてキーボードを切り替えて使用するのもよいでしょう。
<フリック入力のみにする>
ケータイ入力(トグル入力)が「オン」に設定されていると、「あああああ」など同じ文字をフリック入力で打ちたい時に「あいうえ」と入力されてしまいます。フリック入力を普段から使っている方であれば、トグル入力を「オフ」に設定しておくとよいでしょう。
<英字・数字・記号を全て表示させる>
メールアドレスやパスワードなどを入力するシーンは多いですよね。そのような場合、英語と記号、数字などが混合している文字列を入力しなければなりません。それぞれ専用のキーボードに切り替えながら文字入力をすると時間がかかってしまうでしょう。そんな時にはQWERTYキーボードに英字・数字・記号を全て表示させる設定がおすすめです。この設定であれば文字ごとに切り替えする必要がなく、効率よくメールアドレスやパスワードを入力できるでしょう。
<利き手に合わせた位置へ変更>
Androidでは片手モード(右手)と片手モード(左手)があります。大きなディスプレイを搭載するスマホの場合、女性や手の小さい方の中には指がキーボードの端まで届かず、片手で操作しづらいという人もいます。その場合は利き手に合わせた位置へ変更するために片手モードを試してみましょう。キーボードを小さくして利き手に合わせた位置にずらせば、片手での文字入力がやりやすくなりますよ。
<キーボードの大きさ変更>
キーボード自体の大きさを変更することができます。今のキーボードが小さくて文字が見づらい…という場合や、大きすぎて手に合わないという場合には使いやすいサイズに調節してみましょう。
<キーボードの位置変更>
キーボードの位置は自由に変更できます。キーボードがかぶさって見にくい時や、画面情報を見ながら文字入力したい時にはキーボードの位置を変更しましょう。
<よく利用する文章をクリップボードに固定する>
Androidの中でもGboardやGalaxyキーボードでは「クリップボード」と呼ばれるコピー履歴の保存システムが搭載されています。過去にコピーした文字列をいつでもコピー&張り付けできるので非常に便利です。クリップボードに保存したコピー履歴は一定数記録されると古いものから削除されてしまうので、頻繁に使用するテキストに関しては消えないように固定しておくのがおすすめです。メールアドレス、住所、挨拶などの定型文を固定しておけば、文字入力の手間が省けますよ。
<よく使用する言葉を辞書登録しておく>
よく使用するキーワード、言い回し、言葉などあらかじめ単語登録しておくとよいでしょう。単語登録しておくと読みを入力した際に登録した単語が変換候補に表示されるようになるため、文字の入力効率がアップするでしょう。また誤字や脱字などのミスも減らせますよ。

“コストパフォーマンスが高いスマートフォンよりも、ハイパフォーマンスなスマートフォンを購入したい・・・、可能な限りコストもおさえたい場合は「OnePlus Nord(リユーススマホ)」がオススメです。
以下にOnePlus Nordの特徴やスペック、ユーザー評価などをまとめましたので、OnePlus Nordの購入を検討されている方は参考にしてください。
OnePlus Nordの特徴からとなりますが、OnePlus Nordは「コストパフォーマンスがよい、高性能なスマートフォンでありながら、比較的手頃な価格帯で提供されているため、コストパフォーマンスが高い」、「5G対応モデル、次世代通信規格の5Gに対応しており、高速な通信が可能な点が人気」、「カメラ性能が優秀、クアッドカメラを搭載し、多様な撮影モードや高解像度の写真、ビデオ撮影ができることが魅力的」とされています。
OnePlus Nordの詳細な特徴では、OnePlus Nordは「デザインがスタイリッシュなデザインで持ちやすいサイズが特徴、手に馴染む形状となっている」、「ディスプレイが大きい、6.44インチ AMOLEDディスプレイで、高解像度と90Hzリフレッシュレートにより滑らかな表示が楽しめる」、「パフォーマンスがほかのリユーススマホに比べて高く、Snapdragon 765Gプロセッサと6GB/8GB/12GBのRAMにより、高速な動作やマルチタスキングに対応」となっているので、同価格帯のリユーススマホに比べてワンランク上のスペックが手に入ります。
また、どうして格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルよりもOnePlus Nordのほうがスペックが上なのか・・・というと、格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルはエントリーモデルのスマートフォンからミドルレンジモデルのスマートフォンまでふくまれていて、スマートフォン選びに慣れている人でなければ、その良し悪しを見抜くことが難しいからです。
それに対してOnePlus Nordなどリユーススマホは、すでに2020年以降から多数のユーザーをかかえているため、性能・レビューともに簡単に確認することができます。
OnePlus Nordの詳細スペックですが、OnePlus Nordは「ディスプレイ:6.44インチ AMOLED、解像度2400×1080、90Hzリフレッシュレート、プロセッサ:Snapdragon 765G、メモリ:6GB/8GB/12GB RAM、ストレージ:64GB/128GB(拡張不可)、バッテリー:4,115mAh、30W高速充電、カメラ:クアッドカメラ(主カメラ48MP、超広角8MP、マクロ2MP、深度センサー5MP)、フロントカメラ32MP+8MP、OS:Android 10(OxygenOS)」のスマートフォンです。
OnePlus Nordのユーザー評価ですが、OnePlus Nordは、「コストパフォーマンスの高さと5G対応に対して高い評価を受けている、手頃な価格で高性能なスマートフォンを求めるユーザーや、高速な通信を利用したいユーザーにとって魅力的な選択肢」などのレビューが多く、しかもOnePlus Nordは、「ディスプレイの90Hzリフレッシュレートや高性能カメラに対応している希少なモデル」なので、リユーススマホの中でも特に優秀という評価を得ています。
OnePlus Nordのマイナス評価では、「一部のユーザーは、カメラ性能やディスプレイの品質において上位機種と比較して劣ると感じることがある、総体的なバランスとコストパフォーマンスを考えると満足度は高い」といわれているので、ほぼ目立ったマイナス評価はありません。
OnePlus Nordの総合評価となりますが、OnePlus Nordは、「高性能と5G対応を手頃な価格で求めるユーザーや、スタイリッシュなデザインを好むユーザーにとって魅力的なスマートフォン」といえるでしょう。”

“海外用Wi-Fiルーターレンタルサービスを提供しているグローバルWi-Fiでは、5Gの超高速通信を無制限で提供するエリアを拡大しました。今回はグローバルWi-Fiの超高速5G提供エリアについてまとめてみましょう。
【超高速5Gエリアは12カ国に拡大】
グローバルWi-Fiの超高速5Gは、1日に利用可能なデータ通信容量に制限を設けずに通信容量を気にせず利用できる「無制限プラン」のサービスを提供しています。今回、超高速5Gエリアは「中国・香港」が増えて全部で12カ国になりました。これまでの既存の国と合わせて以下の12カ国でのサービス提供が可能です。
・アメリカ本土
・ハワイ
・韓国
・台湾
・タイ
・イギリス
・イタリア
・フランス
・ドイツ
・スペイン
・中国
・香港
利用料金は各国によって差があるものの、中国では定価3,270円、香港では定価2,870円、アメリカ本土では定価3,170円となっています。
【中国においては、規制されているアプリなども利用できる】
グローバルWi-Fiの5G通信サービスの中国においては、一部規制されているアプリやSNS・インターネットサービスも利用可能です。特別な回線を経由することで利用可能なアプリやサイトは以下の通りです。
・Facebook
・Instagram
・LINE
・Twitter
・Youtube
・Googlemap
・Google
・Googleカレンダー
・Gmail
・Yahoo(一部機能)
このプランでは従来のVPNとは異なる通信技術を採用しており、接続設定も不要でそのまま使用できるので非常に便利です。また複数人でシェアして使用することも可能です。中国への旅行の際には大変重宝できそうですね。
【グローバルWi-Fi利用上の注意点とは?】
グローバルWi-Fiを利用する上での注意点をいくつかまとめてみます。まず5G通信での提供ではあるものの、5Gに繋がらない場合には4G通信に切り替わりデータ通信が提供されます。またエリア状況によっては5G
に接続しないで4G通信のみの接続となる場合もあります。ただ4G接続時には最新機器での提供になるため、従来の4G端末に比べると通信速度は速いです。”android タブレット

“5Gの遅延時間は4Gに比べると大幅に削減されていますので、4G通信では不可能であった医療分野での遠隔手術や自動運転などを普及させることができたのです。
その5Gに対応しているスマートフォンは初心者向けのエントリークラスから高性能なハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「HONOR 90」という5Gスマホがあり、軽量スマホの中ではトップクラスの大容量バッテリーや多様な処理を高速で実行できる高性能CPU、肉眼で見たような臨場感のある映像や奥行きのある迫力のある映像を楽しめる高精細大型ディスプレイやきめ細かな美しい写真の撮影が可能な高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM12GB/256GBモデルが約5万円でRAM12GB/256GBモデルが約56000円でRAM12GB/512GBモデルが約6万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約183gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグリーン、シルバー、ライトブルー、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2664×1200でアスペクト比19.98:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 7 Gen 1 2.5GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GBモデルと16GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約20000万画素+超広角レンズがついた約1200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約5000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

“5Gが普及すると利用する人が増えるので繋がりにくくなると思われがちですが、5Gでは同時多接続を実現させていますので繋がりにくくなることがありません。
その5Gに対応しているスマートフォンは各スマホメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「realme 11」という5Gスマホがあり、夜間や室内といった暗所での撮影も可能な高性能カメラや圧倒的なパフォーマンスでオンラインゲームも快適に楽しめる高性能CPU、外出での長時間のゲームや動画視聴の際にも安心して使い続けられる大容量バッテリーや消費電力を抑えることでバッテリーを長持ちさせることができる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM12GB/128GBモデルが約32000円でRAM12GB/256GBモデルが約35000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約183gといった握りやすくて操作しやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオレンジとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.43インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 6020 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(realme UI 4.0)でディスプレイ下指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

“ミドルレンジモデルのスマートフォンに5万円以上出したくない・・・、スマートフォンに必要とされるスペックや機能はなるべく搭載されているモデルが欲しい・・・場合は、「OPPO Reno7A」がオススメです。
今のところ、OPPO Reno7Aを超えるミドルレンジモデルのスマートフォンは無いといわれるほど、これといった欠点のないハイスペックなスマートフォンです。また、このような話をすると「ハイエンドモデルのスマートフォン以上と勘違いする人もいる」のですが、ハイエンドモデルのスマートフォンはスペック、カメラ性能、バッテリー容量、トレンド入りしている機能、補償などが完全にワンランク上・・・なので、OPPO Reno7Aはミドルレンジモデルのスマートフォンの中では飛びぬけて性能がよい・・・くらいに思ったほうがよいでしょう。
OPPO Reno7Aの特徴となりますが、OPPO Reno7Aは「ワイドディスプレイタイプのスマートフォンで約6.4インチのディスプレイ、ワイドディスプレイタイプなのに重さは約175g」となりますので、今までのミドルレンジモデルのスマートフォンにできなかった「ワイドディスプレイタイプで軽量も実現している優秀なスマートフォン」となります。
また、この手のミドルレンジモデルのスマートフォンによく見られる「カメラ性能、バッテリー容量が低い問題」もOPPO Reno7Aには見られません。OPPO Reno7Aはバッテリーを削減することはしておらず、なんと4,500mAhの大容量バッテリーモデルなのです。
OPPO Reno7Aの詳細スペックですが、「ディスプレイサイズが約6.4インチ 有機EL(AMOLED)、ディスプレイ解像度はFHD+(2400 x 1080)/409ppi、リフレッシュレートは最大 90Hz、アウトカメラ(3眼構成)は超広角:約800万画素(F値:2.2)、画角120°、広角:約4,800万画素(F値:1.7)、マクロ:約200万画素(F値:2.4)、インカメラは約1600万画素 (F値:2.4)」のため、今ではトレンド入りしているゲーミングスマホと呼ばれるモデル並みのスペックをほこります。そのためOPPO Reno7Aをセカンドスマホとして購入されるユーザーも多く、その影響でOPPO Reno7Aの売り上げは高いとされているのです。
OPPO Reno7Aの処理性能ですが、「OSがColorOS 12 based on Android™ 11、CPUはQualcomm Snapdragon 695 5G、メモリ(RAM)は6GB、内蔵ストレージ(ROM)は128 GB(最大1TBまでmicroSDカードで可能)、SIMカードはデュアルSIM(nanoSIM×2・eSIM)、5G対応モデル、Bluetoothは5.1、おサイフケータイ機能あり、バッテリー容量は4,500mAh、充電規格は18W急速充電対応、生体認証はディスプレイ指紋認証・顔認証、防水防塵機能ありIP53、サイズは(幅×厚さ×高さ) 約73.4 mm × 7.6 mm × 159.7 mm、重さは約 175g、カラーバリエーションはスターリーブラック/ドリームブルー」で、OPPO Reno7Aの公式税込価格(2023年4月)は44,800円となります。”