“アウトドアやお風呂などでも安心して使用できる防水機能がついており、強化ガラスを採用した安心設計で注目されているスマートフォンが「S301」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはガンメタとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約10.8ミリ、重さ約146gといった薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8916クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで32GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは急速充電に対応している2300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはオーフォーカスがついた約500万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、多彩なカメラ機能やエコモードなどがついています。”

“映画やゲームなどを思う存分楽しめる大容量バッテリーを搭載し、大迫力の大型液晶ディスプレイやメタル素材を使用したシンプルデザインのボディを採用しているスマートフォンが「ZenFone Max」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはミッドナイトブラック、スペースブルー、メテオシルバーの3色が用意されており、ボディサイズは幅約76ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約160gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン632オタクコアプロセッサでメモリはRAM4GB、内蔵ストレージは32GBで100GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約6.3インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは驚愕の4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このスマートフォンのカラーバリエーションはのカメラは約1300万画素のメインカメラとLEDフラッシュライトがついた約200万画素のインカメラが搭載されています。”スマホ スペック 比較

“有機ELディスプレイやマグネシウム合金を使用して軽さと強さを実現し、高速処理で快適なパフォーマンスも実現させているスマートフォンが「AQUOS zero SH-M10」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはアドバンスブラックのみとなっており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約8.8ミリ、高さ約146gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン845オタクコアプロセッサでメモリはRAM6GB、内蔵ストレージは128GBでバッテリーは3130mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約6.2インチ有機ELディスプレイを搭載し、カメラはハイスピードオートフォーカスがついた約2260万画素のメインカメラとF2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには防水機能や防塵機能、指紋認証センサーやスクロールオートなどの便利機能もついています。”

便利なandroidスマホですが、画面が大きくて使いづらいのでは?といった不安がある方も多いでしょう。そんな方におすすめなのが、AQUOS zeroの世界最軽量ボディと称される約146gの軽量スマホです。そんなに軽いと機能はどうなの?と思う方も多いのですが、サイズは6インチ以上、電池容量は3000mAhで、かつ防水加工も施されているので文句なしです。これだけの機能が備わってこの軽さは他にありません。軽いのに高性能!というのがこのAQUOS zeroの魅力です。機能が充実しているスマホを選びたいけど、重すぎるのは持ち運びに不便と思っている方にもおすすめです。またCPUにSnapdragon 845を搭載しているので、重いゲームもサクサク動きます。これはスマホで日頃からゲームをされる方には嬉しい機能ですね!軽くて高性能、かつサクサク動くandroidスマホをお探しの方、世界でも最軽量といわれるスマホを使ってみたい方におすすめです!

“Galaxy S9+が選ばれている理由は、デュアルレンズを搭載しているだけでなく、夜間撮影であっても、高機能のサポートを受けられるので、キレイな写真を撮影できるところです。
今では、SNSに写真を投稿する男女が増えてきました。その中で重要視されているものが、ビジュアルであったり、奥行きを正確に映し出すカメラ機能の高さです。
本来であれば、プロ用カメラを用いて写真撮影を行うのですが、Galaxy S9+は、これ1台ですべてまとめて解決できるようになっています。しかもGalaxy S9+は、「ストレージは64GB、メモリが6GB」となっているため、容量にも余裕があるところが評価されているのです。
Galaxy S9+を用いる人の中には、写真撮影だけでなく、前述のSNSや、アプリ、ゲームを楽しむ人も増えてきました。Galaxy S9+は、これ1台で写真撮影以外もカバーしてくれるため人気です。”

“Maya System jetfon G1701-GBは、「クラウドSIMテクノロジー」を搭載しているスマートフォンです。
クラウドSIMテクノロジーとは、世界100ヶ国以上の通信キャリアが利用できるようになる、夢のようなテクノロジーのことです。クラウドSIMテクノロジーを活用することで、渡航先の通信プランを購入しておくと、SIMの入れ替えを必要としなくなるため、渡航先でもスムーズにインターネットを利用できるようになります。
専用のアプリケーションを導入しないといけませんが、わざわざ新しいSIMを用意することを考慮すると、クラウドSIMテクノロジーは先進的と言えるでしょう。
そのためMaya System jetfon G1701-GBは、海外旅行、ビジネスなどで海外に渡る人たちから好まれています。Maya System jetfon G1701-GBのスペックは、4GB、オクタコアとなっており、価格以上のスペック、機能を備えているのです。”

“ボディに美しく溶け込んだダブルレンズカメラを搭載し、美しく削り出されたエッジやしなやかなフレームラインが特徴的となっているスマートフォンが「HUAWEI P9」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはレッド、ブルー、チタニウムグレー、ミスティックシルバーの4色が用意されており、ボディサイズは幅約70ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約6.9ミリ、重さ約144gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはHUAWEI Kirin 955オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、バッテリーは安心の3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5.2インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、カメラはダブルレンズを採用した約1200万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンにはストレスフリーな高感度指紋認証センサーやトリプルアンテナが採用されています。”スマホ スペック 比較

“スマートフォンの広告、もしくはスペックを記している公式サイトでは、RAMの高さを謳っているものが増えてきました。
RAMとは、スマートフォンの利用時において、動画視聴などを行う際に必須となるスペックのことです。もしRAMが適正でない場合は、動画視聴時にカクつく現象が多くなり、途中で止まってしまうこともあります。
そんなRAMですが、最低限のスペックは2GB以上だと思ったほうが良いでしょう。過去であれば2GBでも高い・・・なんて言われていましたが、今では、3GB以下ではカクつく現象が頻発することもあるので、2GBではRAMの最低ラインなのです。
RAMサイズが上がるほど、「一度に処理できるデータ量が多くなる」という性質があります。今では2Kから4K解像度に移行する時代になっているため、スマートフォンの最新機種選びをする場合は、RAMにもこだわったほうが良いでしょう。
RAMのサイズ選びは、動画視聴のみで重要なわけではありません。今では、アプリゲームをインストールされている人が増えているため、ハイクオリティゲームを遊ぶ際は、4GB以上のRAMが設けられているスマートフォンだと、サクサクプレイできるようになります。”

auでは、この春から中国のスマホ、HUAWEI nova 2を取り扱うようになったそうで、この件について春モデルの発表会の際に質疑応答があったそうです。

MVNOではすでにファーウェイのスマホは取り扱われています。というか、MVNOでしか扱われていなかった印象ですが、それを敢えて大手キャリアが取り扱うのはなぜか。それは「ユーザーのニーズをくみ取って」とのことだったようです。手頃な値段ながらも性能、機能が良く、コスパの良いスマホを欲しがっているユーザーが多いということでしょうか。

私の周りにはiPhoneのユーザーが非常に多く、あとはGalaxyかXperia。ほかのスマホをほぼ見ていないのですが、とくにiPhoneのユーザーはAppleというブランドに惹かれている場合が多く、多少の使いにくさはあってもiPhoneを使い続けています。

しかし、機能面重視の人にはその意味がわからないのかもしれませんね^^高いお金を払って使いにくいものを敢えて使うなんて・・と。

ファーウェイの新機種、Mate 10 Proのカメラ機能についてのレビューがありました。なぜカメラ機能だけに限ってのレビューなのか、それは、Mate 10 Proに搭載されているカメラがライカのものだから。

そこで、プロカメラマンがこのMate 10 Proのカメラ機能が本当にライカなのか、検証したそうです^^

今月の1日に発売されたスマホで、価格は約10万円。量販店などでの販売のようですが、高いですよね~。でも、カメラにこだわり、かつライカのカメラにあこがれを持っている人ならば、この金額は喜ばしいことなのかもしれませんよね。

昨年もファーウェイからはライカとコラボしたスマホを作ってきていて、さらに2代目となるわけですから、よりカメラの性能はアップしていることでしょう。

細かなことはよくわからないので、レビューの最後を読んだのですがそこには「いくつかの要望はあるが、撮ってみるとスマホカメラとは思えないほど楽しんで撮影することができた。」とありました。