ソフトバンクは、ユーザー参加型の共同企画やクラウドファンディングなどを行うサービス「+Style(プラススタイル)」で、スマートフォンを操作できる「Qmote S(キューモート エス)」の販売を開始しました。「Qmote S」は、スマートフォンとBluetoothで繋がるボタン型デバイスで、クリックするだけで、音楽アプリの再生・停止・早送り/早戻しなどが行えるほか、カメラを起動して撮影、位置情報の送信などができます。パソコンと繋げればプレゼンテーション資料のページめくり操作にも使えることができます。連続クリックすると、スマートフォンから音を鳴らせる機能もあり、部屋の中で見当たらなくなった場合などに役立ちます。本体はボタン1つだけで、専用アプリで1回押す、2回押すといったクリックパターンと動作を組み合わせられます。1回のクリックで、「位置情報を送信する」「電話をかける」という複数の動作を設定することもできるのが特徴です。IFTTTやZapierといったサービスにも対応し、Qmote SをクリックするとIFTTTなどを経由して宅内に設置したIoT製品のスイッチを入れる、といった使い方もできます。大きさは約3.9×3.3×0.5cm、重さは6g。Bluetooth Smart Ready対応のiOS、Androidで利用可能です。

バーチャルリアリティは多くの人に注目されるようになりました。
様々な用途で楽しめれるようにもなりましたが、VRゴーグルを使用したことがないという人もまだいるのではないでしょうか?
そうした人は「Xiaomi(シャオミ)」のVRゴーグルを使用するのも良いと思います。
このVRゴーグルの魅力は価格の安さや多機能ということだけではなく、多彩なカラーバリエーションが最大の魅力だと思います。
お洒落なフローラルをはじめとする様々なカラーが用意されていますので見た目で楽しむこともできるでしょう。
対応するスマホのディスプレイサイズ4.7インチから5.7インチとなっていますので多くのスマートフォンに対応していて良いですね。
ボディサイズは幅約200ミリ、高さ約107ミリ、奥行約91ミリというコンパクトサイズになっていますので、誰でも使用しやすいと思います。
また、扱いやすいということもあって、特に女性に人気を集めていますので、女性への誕生日プレゼントなどで贈るのも良いですね。
スマートフォンをセットするときはジッパーを開くだけで良いので分かりやすいと思います。
このようなVRゴーグルはバーチャルリアリティを最大限に楽しめるように作られていますので、未体験の人は仮想現実の世界に没頭するでしょう。http://www.galaxymobile.jp/gear-vr/

バーチャルリアリティを気軽に体験できるアイテムに、VRゴーグルという安く手に入れられるアイテムがあります。
そのVRゴーグルの一つに「HOT SKY」の「HS-F4」というものがあります。
このVRゴーグルは他のメーカーのVRゴーグルとは違い、なんと折り畳み式になっています。
ですので、カバンやバッグなどに入れて持ち歩くことができ、どこでもバーチャルリアリティを楽しむことができます。
ちなみに折り畳んだ状態の大きさは幅約86ミリ、全長約170ミリ、厚さ約30ミリ、重さ約245gになっています。
また、装着しても重さもあまり気になりませんし、調節可能なゴム製のベルトは頭にしっかりフィットしてくれるので、女性でも快適に楽しむことができるでしょう。
それに、焦点距離と瞳孔間距離を調節できるダイヤルが付いていますし、近視や遠視に対応する機能も付いていますので、どなたでも気軽にバーチャルリアリティを体験することができますね。途中でスマホが少し熱くなり、VRゴーグル内が蒸れたり暑くなることがありますが、通気性に優れた設計になっていますので暑さや蒸れなどは気にならないと思います。
こうしたVRゴーグルで迫力あるバーチャルリアリティを体験してみてはいかがでしょうか。

最新スマートフォンとして販売されている人気スマートフォンにソフトバンクの「AQUOS Xx3 mini」というものがあります。
この最新スマートフォンには様々な便利機能が搭載されています。
防水機能や防塵機能は勿論のこと、就寝時間が近づくと自動的にブルーライトを抑えた目に優しい画質へ移行する機能があります。
また、ボディを手に持って画面を見るだけでロック解除できる虹彩認識機能やボディを持ったまま手首をひねるだけでアプリが切り替わるツイストマジックという便利機能もあります。
それに、自動スクロール機能や真横になぞるだけでスクリーンショットが撮れるクリップナウ機能、他人に写真を見せるときに便利なアルバムの画像非表示機能も付いています。
さらに、手袋したままでも操作できるグローブモードやキャップレスUSBなど、誰にとっても便利な機能がたくさん搭載されていますので良いと思います。
この他には着信時に画面や下部が光るヒカリエモーションや役立つ情報を知らせてくれる人工知能のエモパーが搭載されていますので、スマートフォンを使う時の楽しみがたくさんあって良いですね。
こうした最新スマートフォンは片手で使いやすいコンパクトボディですので、女性でも気軽で快適に使用することができるでしょう。

地名や人名など、普段使わない文字や読み方が使われているために、入力できないことがある。そんなときに重宝する「手書き入力」の方法を紹介していこう。これを知っていれば、メールや検索が快適になること間違いなしだ。まずは、インターネット検索を行う際に、手書き入力ができる方法。検索サイトのなかでも、お手軽なのがGoogleだ。検索トップページの下部にある「設定」を選択すると、検索に関する細かい設定を行える。そのなかで、「手書き入力」を「有効にする」にして保存すると、ディスプレイの右下に「g」というアイコンが現われる。それをタップすれば、手書き入力ができるようになる。あとは、ディスプレイ上に指で文字を書くだけで、入力ができるようになる。この設定を行っておけば、いざ漢字が分からないというときもスムーズに検索できる。メールを打っていて読めない漢字を見つけたとき、わざわざGoogleのサイトに行って手書き入力を行うのは手間だ。そこで活躍するのが、手書き入力ができるアプリ。アプリを立ち上げて指で文字を書けば、候補となる漢字が出てくる。目当ての文字をコピーして、メールにペーストすればOKだ。漢字検索や文字入力がサクサクでき、とても便利だ。

スマホバッテリーも少し怖いというイメージも持っている方もいるのではないでしょうか。
その原因としては「Galaxy Note7」のリコール問題があってからです。
もしかしたらスマホバッテリーは発火をする恐れがあると考えると怖いですね。
しかし、そのスマホバッテリーも発火の恐れなどはまず心配するような事もなさそうです。
「Galaxy Note7」の場合は、バッテリーに欠陥がありました。
なので、他のメーカーに関してはあまりそういった心配をする事もなさそうです。
日頃からスマホを使用する方が非常に多くなっている中で発火の恐れなんて聞けば本当に怖いものです。
機種が違うとしても、そういった危険もあると危機感を持ってしまいます。
しかし、それは通常ではありえないことだと思いますね。
発火の恐れがあるとなるとスマホを持つのも怖くなります。
今後はこのような欠陥商品がないようにしてもらいたいものですね。
やっぱり発火となってくればそれだけ怖いものとなりますから注意をして製品も作ってもらいたいですね。
大きな事故になるような事は止めてもらいたいものです。
今後Galaxyもどう改善していくのかが大事になりそうです。ソフトバンクのスマホで、サクサク快適スマホライフを!気になる方はこちら

KDDI、沖縄セルラーは、2017年春モデルとして、泡ボディソープや泡ハンドソープで洗える「洗えるスマホ」の第2弾「rafre KYV40」やジュニア向けの「miraie f(ミライエ フォルテ)」、タフネスケータイ「TORQUE X01」、フォトストレージ「Qua station」など7機種を1月下旬から順次販売開始するとのことです。京セラ製の「rafre KYV40」は、従来の洗える性能を強化していて、泡ボディソープや泡ハンドソープで洗えるようになった。ただし、キッチン用・業務用・無添加のハンドソープ、業務用・無添加・アルカリ性のボディソープでは洗えません。お湯がかかっても使える温水防水や、手袋をつけたままでも操作できる「グローブタッチ」に対応しています。また、近接センサーを利用したジェスチャー操作が可能で、料理中に画面に触れなくても手を動かすだけでレシピが閲覧できる「クックビュー」機能を新たに搭載しています。カラーはペールピンク、クリアホワイト、ライトブルーの3色です。このほか、成長にあわせたフィルタリング機能を備えていて、子どもっぽくないデザインの新しいジュニア向けスマホ「miraie f」、3色のカラーバリエーションを揃えた約4.7インチのコンパクトスマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」、米国国防総省の調達基準に準拠した防水、防塵に加え、鉄板やコンクリートへの1.8m落下に対する耐衝撃性能など18項目の耐久試験をクリアし、アウトドアで役立つ多彩なセンサーアプリを搭載したタフネスケータイ「TORQUE X01」をラインアップします。
www.samsung.com/jp

街中で見かける携帯電話がすっかりスマートフォンとなった現在において、いよいよその波が企業にも本格的に訪れることになりそうです。これまで、企業で社員同士の連絡用に”社用”として導入されてきた携帯電話は、従来型のいわゆるフィーチャーフォンが主流であって、現在もそのニーズは底堅いものがあります。実際、ビジネス街でフィーチャーフォンを使って電話をかけるビジネスマンを見かけることも決して珍しくないのです。季節ごとに発売する数々の新型スマートフォンが注目を集め、企業のIT担当者や社員が個人的に契約する端末もスマートフォンの方が多いにもかかわらず、いざ”社用”となるとスマートフォンの採用をためらう企業が存在するのは、一体なぜなのでしょうか。 企業ユーザーにとってのスマートフォンのメリットとデメリットをあらためて整理してみます。ビジネスシーンで重要なのはPCと同じメールやカレンダーサービスを利用できることと、ブラウザを使った情報アクセスができることです。現在のビジネスシーンでは、メールを使った取引先との連絡やグループウェアや社内システムへのアクセスを業務上欠かすことができません。これを外出先など場所を問わずに利用できるのは、スマートフォンの大きなメリットなのです。

グーグルは、10月に発表して近日中の発売予定としていた、テレビに接続して映像を視聴するアダプター「Chromecast Ultra」の発売日を決定し、11月22日より、Google ストア、コジマ、ソフマップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天で発売を開始しました。第2世代までと大きく異なるのは、4K解像度での出力と、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応している点です。従来モデルまでは、最大出力解像度はフルHDでした。この影響もあってか、従来モデルがそれぞれ4200円、4980円と5000円以下の価格だったのに対し、本機の価格は9720円となっています。なお4Kコンテンツの視聴には、対応コンテンツと、対応TV、ブロードバンド インターネット回線の用意が必要となります。現時点では、YouTubeとNetflixの4Kコンテンツが視聴可能となっています。また、無線LAN接続はIEEE802.11acに対応していて、アダプターによる有線LAN接続も可能です。対応OSおよびデバイスは、Android 4.1以上、iOS 8.0以上、Mac OS X 10.9以上、Windows 7以上です。本体サイズは13.70(幅)×58.20(高さ)×58.20(奥行)mm。重量は、本体が47g、アダプターが101gです。

スマホの機能もさまざまなものが出てきていますよね。
これからそんなスマホで病院の会計までができるようになるかもしれないのです。
スマホで会計ができるようになれば、いざ急に病院に行かなくてはいけない状態でも安心できますよね。
三井住友銀行が東京慈恵会医科大と共同をしてスタートしたサービスだそうですよ。
スマートフォンやクレジットカードがあれば、スムーズに病院で会計ができるようになります。
会計も結構時間かかったりしますが、このようにスマートフォンやクレジットが利用できれば時間短縮もできそうです。
オンライン会計なんて言われているのですが、これが現実になればすごい事になりますよね。
病院も会計待ちに時間がかかってしまうなんて事もあります。
特に、大きな病院であればかなり時間を待つ事になってしまったなんて経験もあるでしょう。
しかし、これからはオンライン会計ができるようになってくれば、スマートフォンなどで簡単に会計を済まして帰宅することができるようになります。
そんなサービスがどんどん広まってくれればいいなと思ってしまいますね。
患者さんの事を考えれば、こういうサービスがたくさん広がっていくことでムダな時間を減らすことができそうです。ソフトバンクのスマホで、サクサク快適スマホライフを! | Galaxy